白百合会について

白百合会は障害のある人、一人ひとりの個性を大切にし、社会人としての責任を果たしていただきながら多様な作業を通じて
「社会への自立」「人生における達成感」を得るための支援、そして利用者本人の「選択」「決定」「責任」を尊重し、
そのための支援を行っています。

社会福祉法人 白百合会 理事長 楠本浩子

白百合会の歴史

昭和59年5月、聖マリア養護学校の卒業生を中心とした「重度身体障害者マリアの会」が基盤となって、働く意欲があっても障害が重く企業就職の困難な当事者の社会的自立を目標に、昭和59年に「衣笠共同作業所」、昭和64年に「洛陽共同作業所」を開所、平成10年1月に地域の要望にこたえ、「西京共同作業所」を開所しました。そして平成13年より、よりよい支援が行えるよう法人格を取得しました。授産活動をとおして社会性を高め、「自立」「生きがい」を得て自己実現を図るため、主体性のある人間形成を目指し、一人でも多く就労できることを目標とし、障害福祉の向上に努めると共に地域性の高い施設運営を行っています。

連携

法人の沿革
■ 昭和59年5月(1984年)
「衣笠共同作業所」を開所
■ 昭和64年5月(1989年)
「洛陽共同作業所」を開所
■ 平成10年1月(1998年)
「西京共同作業所」を開所
■ 平成13年7月(2001年)
「衣笠授産所」として法人格を取得
■ 平成14年9月(2002年)
「洛陽授産所」として法人格を取得
■ 平成15年9月(2003年)
「西京授産所」として法人格を取得
■ 平成22年4月(2010年)
「西京授産所」が、就労継続支援B型
「リ・ブラン 京都 西京」へ移行
■ 平成23年11月(2011年)
「衣笠授産所」と「洛陽授産所」が、就労継続支援B型
「リ・ブラン 京都 中京」へ移行